細胞の働きを安定させる

細胞の働きを安定させる

コラーゲン半減期(半分に消耗するまでの期間)は約半年あるのに対し、ヒアルロン酸は1〜2週間でなくなってしまうとか。さらに、感染を防御しましたり、血清中の脂質の調節をして動脈硬化を防いだりと、生命に関わる重要な役割も担っていますのです。

その為、コラーゲンは摂取したあと長持ちするのに対し、ヒアルロン酸は早々になくなるのです。表皮に関しましてはわずか1日で半分を消耗し、2〜3日ですべてが入れ替わってしまいましたとしてましているのです。

ヒアルロン酸の保有量は胎児期がどれよりも多く、成人以降は胎児期の2割ほどまで減るとされます。また、ある意味ヒアルロン酸の代謝がもっとも尚早ことも原因の1つです。

よって、ヒアルロン酸が不足すると大きな病気を招いたり、老化の原因となりましたりするだけはあるため、普段から摂取するよう心がけましょう。ヒアルロン酸は、細胞の働きを安定させることによりましてその構築や水分調整、栄養の供給、老廃物の除去など生体機能の調節に不可欠な役割を果たせいます。

ですから、今ではヒアルロン酸の経口摂取が注目されます。